リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2021.06.08

リノベで人気の室内窓!どんな種類があるの?

~この記事でわかること~

  • 「突き出し窓」は連続・組み合わせるのがオススメ!
  • 換気に適した「引き違い窓」でコミュニケーションもアップ
  • 「両開き窓」は取手やガラスにこだわって!
  • 「FIX窓」は位置も重要

マンションリノベでは二面にしか採光が取れなく、どうしても窓に面さない場所に居室を設ける場合もも出てくるかと思います。そんな時に換気や採光の為に有効なのが『室内窓』です。また、機能面だけではなく、お部屋のアクセントやデザインとしても『室内窓』は人気があります。今回はそんなリノベで人気の『室内窓』の種類をみていきたいと思います!

 

突き出し窓〜基本〜

まず室内窓で人気が高いのが開閉ができるタイプの「突き出し窓」です。窓枠の枠を軸にして窓を外側に押し出すように開く仕組みになっています。複数枚をつなげて設けるデザインも人気で、リビングに面している場合は固定タイプのFIX窓と合わせるのもオススメです!ただ、見ての通り窓が飛び出るので、家具の設置や動線には注意が必要です。

突き出し窓〜応用〜

人気が高く取り入れやすい「突き出し窓」は先に紹介した “上側” を軸にしたタイプですが、バリエーションとして2タイプご紹介したいと思います。

<倒し窓>
窓枠の “下側” を軸にして障子を室内側に倒して開く窓です。
天井近くの高所に設けることが多く、家具や動線などに邪魔をせずに換気をするのにもオススメです!

<縦すべり出し(片開き)>
幅の狭い縦長タイプはスリット窓とも呼ばれたりしますが、縦長にすることで空間を高く見せる効果もあります。

引き違い窓

次に “ザ・窓” のイメージでもある開閉タイプの「引き違い窓」です。

開けた際に空気の流れる量が多く調整もしやすく換気に適しています。また、枠内で開閉動作が完結するので、窓周りの自由度が高くなり、窓前にデスクを置いたり書斎や子供部屋にもオススメです!広く開くので、窓を挟んでも各部屋にいながら会話したりコミュニケーションを取りやすいかと思います。

両開き窓

海外ではよく見かける開閉タイプの「両開き窓」も人気の一つです。取手のデザインやガラスの種類によって印象もガラリと変わるので、個性的な室内窓にしたい方にもオススメです!ただし、突き出し窓同様に開ける際にスペースが必要になるので、家具の設置や動線には注意が必要です。

 

FIX窓

最後に明り取りやアクセントとになる、開閉できないタイプの「FIX窓・固定窓」です。気配は感じたいけどプライバシーは音にも少しでも配慮したい時などにオススメです!高所だけでなく足元に横長デザインの地窓や、壁の隅に縦長に設けるのも一つです。また、桟なしや桟の本数・デザインによって雰囲気が全然変わってきます。ガラスブロックを並べて明り取りにするのもオシャレですよね!

その他

今回ご紹介した以外にも室内窓の種類はあるので、気になるデザインがあったら是非調べてみて下さい!

・回転窓
・上げ下げ窓
・折りたたみ窓

おすすめ関連記事

室内窓のおさまりや造りが分からない方は過去記事にあげているので、是非読んで参考にしてみて下さい!

【第3弾】教えて先輩!リノベで人気の室内窓のおさめ方
renovenoshigoto.com/article/10422/

【第4弾】教えて先輩!リノベで人気の室内窓のおさめ方(続編)
renovenoshigoto.com/article/11199/