リノベ業界の新着情報配信中

  • pinterest
 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2022.01.31

リノベーション会社への転職している人の出身学校や学部ってどんなところ!?

前回リノベーション業界に転職する上で役に立つ資格をご紹介しましたが、今回は実際にどのような学校や、学部を卒業している人がリノベーション業界に転職しているのかをご紹介します。もちろんこれから紹介する学部以外でもリノベーション業界に転職している人もいます!大切なのは熱意と目標に向かって行動する行動力です!皆さんもやりたいことに向かって頑張って下さい。

建築学科系

建築を学べる学部の代表的なものが工学部や建築学部の建築学科です。建築の基礎的な部分の他に構造や材料など建築のハード面を学ぶカリキュラムが多いのが特徴です。他の建築系学部に比べ、より専門的な知識を学ぶ為に大学院に行く人も多く、卒業後はゼネコンやディベロッパーの設計部門で活躍している人も多いです。また、ほとんどの大学では、卒業と同時に建築士の受験資格を得ることができます。

実際にどこの大学で学べるかはこちらをご覧ください。

参考情報(ベスト進学ネット)

住宅系

次にご紹介するのが家政学部等の住居学科や生活科学部の住環境学科です。こちらの学科は建築の基礎的な事はもちろん、「衣・食・住」の「住まい」という視点から建築を学んでいきます。人間においての快適な住まいの形や近隣とのコミュニティ作りのような住環境を学ぶ授業も多く、工学部に比べてソフトな面で建築に触れていきます。

大学によっては卒業と同時に建築士の受験資格を得られます。ちなみに筆者もこちらの学科出身です。

実際にどこの大学で学べるかはこちらをご覧ください。

参考情報(ベスト進学ネット)

インテリア系

住居学科や生活学部の中にはインテリア系のコース出身の方もいます。より内装や家具に特化した授業が多く、建築の基本的な知識をつけた上で、空間デザインやインテリアについて学んでいきます。卒業時に建築士の受験資格を得られる大学は多くはなく、建築士を取得する場合は実務経験が必要となってきます。まずはインテリアコーディネーターやカラーコーディネーターを取得する人もおり、インテリアも含めて提案できるのは転職時のアピールポイントになります。

実際にどこの大学で学べるかはこちらをご覧ください。

参考情報(ベスト進学ネット)

その他学部

もちろん、建築系以外の学部であってもリノベーション業界に携わる事は可能です。リノベーション業界では未経験者OKだったり、まずは営業として入社し、経験を積んだ後に設計に異動する人も中にはいることも。その場合は、もちろん設計をやりたいというアピールとその為の勉強と行動が非常に大事になってきます。また、宅建を取得して不動産系の仕事に携わる人もいます。