リノベ業界の新着情報配信中

  • pinterest
 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2022.01.25

リノベーション会社への転職に役立つ資格5選!

建築物の規模や役割やポジションによってにはなりますが、リノベーション会社に転職する際にそこまで資格必須ということはない言えます。

しかし、転職の時にあると優遇される資格は何種類かあり、その知識は実務をする上でも役に立つ機会も多くあります。今回はリノベーション業界に転職したい!けれど、どんな資格が役に立つの!?と言う方に代表的な資格を5つご紹介します。

今回ご紹介する資格は転職活動時に有利になるだけでなく、実際にその後接客する上でお客様へ安心感を与える場合にも有効になります。是非時間を作って資格取得を目指してみて下さい!

建築士

まず、最初に紹介したい資格はなんと言っても建築士です。求人の必須条件で建築士が必要な会社は少ないですが、ほぼ全ての会社の優遇条件には建築士があるのではないでしょうか。
リノベーション業界だけでなく建築業界で有利になる資格です。ハードルの高い資格ですが、やはり建築士資格を持っていると相応の知識が身についているとみなされ、お客様にも安心感を与える事ができます。また、企業によっては建築士の資格手当を出している会社もあり給与のベースアップにも繋がります。

建築士について詳しくは、こちら建築技術教育普及センター

建築施工管理技士

リノベーションの施工管理への転職を目指している人へオススメの資格です。こちらも優遇条件として挙げている会社は多いです。資格取得の為に実務経験が必要となる為、未経験者にとっては難しい資格ですが、必然的に実務経験も積んでいる方という裏付けにもなり、転職の際のアピールポイントとなります。建築士と同様、資格手当を出している会社もあります。

建築施工管理技士について詳しくは、こちら(一般財団法人建設業振興基金)

宅地建物取引士

設計や施工のポジションで募集している求人では必須条件や優遇条件として挙げている会社は少ないですが、上記資格と同様、資格手当を出しているリノベーション会社は少なくありません。
中古物件を既に所有している方であれば住み替えなど不動産が絡まないので関係は薄いかもしれませんが、リノベーションを前提とした中古物件購入を行いリノベーションを行う場合あると便利な知識が宅地建物取引士です。そのため、設計士であってもリノベーション業界にいる方は持っている方も多いです。そのため、中古物件購入からリノベーションまで手掛けている会社にはアピールポイントになるでしょう。お客様からも物件自体のスペシャリストとしてみられます。

宅地建物取引士について詳しくは、こちら(一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

インテリアコーディネーター

リノベーション業界で、設計もやりつつ、家具やカーテンなどの選定を行うインテリアコーディネートとして活躍したい方にオススメの資格です。資格の試験では、建築関連の内容も出題されるので、インテリア関連だけでなく建築関連の知識も必要となる資格です。そのため、リノベーション会社によっては、インテリアコーディネーターから設計に転身での転職する方もいます。

もちろん、こちらも資格手当を出している会社もあります。

インテリアコーディネーターについて詳しくは、こちら(公益社団法人インテリア産業協会)

ファイナンシャルプランナー

リノベーション含む住宅購入ではまとまったお金が必要となってくる事が多いです。リノベーションを前提とした物件探しからサポートする役割の場合、この知識があると役立ちますし、お客様からの信頼も厚くなります。現状の家計状況やライフプランから資金計画をし、リノベーションの予算と予算に応じたリノベーション内容が提案できる事は強みとなるのでは。

ファイナンシャルプランナーについて詳しくは、こちら(日本FP協会