リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2020.12.24

アトリエ事務所からリノベ設計職への転職ってどうなの?経験者に聞いてみた。

中古リノベーションの需要が高まる近年。
リノベ業界は、着々と拡大していっており、他業界からリノベーション業界に転職している人も年々増加しています。

そこで今回は、アトリエ設計事務所からリノベーション設計職への転職を検討されている方に向けて、皆さんの疑問を解消すべく、実際にアトリエ事務所からリノベ設計職へ転職されたNさんに、実際リノベ設計職へ転職してよかったの?というところを聞いてきました!

 

▼今回インタビューしたNさん。

リノベ設計職へ転職して、1年のNさん。大学院を卒業した後、新卒でアトリエ設計事務所に就職し、保育園を中心とした新築の商業施設の設計アシスタントをしていました。その後、リノベ設計職に転職し、現在はマンションリノベーションデザイナーとして活躍中。

 

リノベ設計職に転職しようと思ったきっかけは?

ーリノベ設計職への転職を考えたきっかけを教えて下さい。

元々アトリエ事務所に勤めていた頃は、先輩の設計アシスタントとして、主に保育園を中心とした新築の商業施設の設計に携わっていました。

ただ、規模の大きい建築の設計も面白かったのですが、大学時代に衣・食・住に密接に関わる設計を学んでいたこともあり、住宅の設計をしたいという気持ちがずっと心の中にありました。

そんなある時、リノベ会社に勤めている友人からマンションリノベについて話をきいて、これからの人々の住まい方を考えたときに、マンションリノベという選択肢が今後広まっていくと感じ、設計職としての今後のキャリアを考えたときに、成長している業界に身を置きたいと思いました。

また、リノベーションを得意としている設計事務所も、もちろんたくさんありますが、リノベを専門とする会社に勤めることによって、リノベに特化したスキルを身に着けられるのではないかと思い、リノベ会社への転職を決めました。

 

ーどのようにリノベ会社を決めた?

実は、リノベーション会社で働いている友人がいて、その友人がいる会社に転職を決めたというのが本音です。

あとは、リノベーション業界ってまだまだ新しい業界で、若い会社が多いイメージだったのですが、せっかくやるならリノベーション設計職としてスキルを高めたいという思いがありました。

なので、リノベ会社の中で施工件数が多かったり、創業から長く続いている会社の方が、ノウハウが蓄積されていて自分のスキルアップにつながると考えていました。

 

ーリノベ設計職に転職するにあたって、気になっていたことや心配だったことは?

「人」を中心とした働く環境ですね。
前職では、少人数でプロジェクトを進めていたので、全員が忙しい状況にありました。なので質問できるタイミングも限られていて、自分の作業の手が止まってしまう場面もありました。

そのため、転職先が聞きやすい環境なのかや、どんな人が働いているかは、気になっていました。

あとは、子育てしながら働いている女性は少ないと聞いていたので、
将来家族が増えたときに、仕事と子育てを両立できるかは少し不安でした。

 

転職してみての感想は?

ー実際に転職してみて、どうでしたか?

働く環境に関していえば、「設計事務所」から比較的大きい「会社」に転職したこともあり、一緒に働く人は増えたので、質問できるタイミングは結構増えました。

また、これは会社にもよると思いますが、明るい人が多いので社内でのコミュニケーションは取りやすいですね。

子育てに関していえば、今働いている会社の場合だと担当するお客様の組数は、各メンバーの状況に応じて、ある程度調整することができるので、その時のキャパシティを踏まえながら仕事の量も調整していければと思っています。

 

ー逆に入社してみてギャップだったことはありますか?

ギャップというよりは、びっくりしたことですが、設計について自分でこんなに決めて良いんだ、というところは驚きました。

前職では、お客様に提案する前に上司が良いと思わないと、進めなかったのですが、今は私とお客様が良いと思えば、良くも悪くも設計が進んでいってしまうので、尚一層、責任を持って進めるようにしています。

 

身に付いたスキルは?

ーリノベ設計職になって身に付いたスキルはありますか?

一つは、エンドユーザーのお客様とのコミュニケーションの取り方ですね。

やはり住宅購入はお客様にとって、人生で最大の買い物になることが多いので、こだわりや想いも強いです。

そういった想いをしっかり汲み取って、理解するためには、お客様との丁寧なコミュニケーションが必須だと実感しています。

なので、今はお客様への簡単な連絡一つとっても、自分がこれを言われたらどう思うだろう、ということを強く意識するようになりましたね。

 

あとは、時間の使い方です。

前職では良いデザインを生み出すために、いくらでも時間を使うことができましたが、今の環境は、残業の規定があるのでいかに、限られた時間内で、良いものを作っていくかが重要です。

このスピード感と質の両方を高めることが、今、私が向き合っている課題の一つです。

 

リノベ設計職へ転職を考えているみなさんへ

ー最後に、これからリノベ業界への転職を検討されている皆さんに一言お願いします。

私は実際にリノベ設計職に転職してみて、これから中古リノベーションという選択肢が、今よりももっと多くの人に求められていくと実感しています。

それに応じて、リノベ設計職の需要も必ず高まっていくはずなので、早いうちから、リノベーション設計のスキルを、身に着けられると、今後良いのではないかと思います。

 

また、リノベ業界はまだ若くてこれから成熟していく業界なので、今どの会社も、皆で良いやり方を模索している最中なのかなと思っています。

そういった、何かに向かって皆で頑張る姿勢が、設計事務所の雰囲気と似ている気がしていますし、そういった環境で集中して、ものづくりをしたいという方には、合っているのではないかと思います。

 

ーNさん、ありがとうございました!

 

リノベ設計職の転職・求人情報はこちら。

このインタビュー記事を読んで、リノベ設計職への転職を検討されている方は是非、下記内容もご覧ください!

 

【中途】リノベーション設計職の求人6選

 

【求人】リノベる株式会社が、設計デザイナーを募集中