リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2020.11.18

【インタビュー】リノベ設計職が選ぶ、仕事が捗るおすすめ音楽

設計職のみなさん、毎日お疲れ様です。
日々仕事をしている中で「今日は頭が回らない」「気分が上がらない」「デザインがなかなか浮かばない」そんな瞬間はありませんか?
そんなとき「よし!もうひと踏ん張り!」と背中を押してくれる音楽を、リノベ設計職の方々に聞いてみました。

今日のお仕事のおともに是非どうぞ!


この記事のポイント!

  • 作業に集中したい!「桃源郷/Mega Shinnosuke」
  • 何も考えず自分らしく突っ走ろう!「ロマンス宣言/カネコアヤノ」
  • 製作しながら自分を違う世界に連れて行ってくれる「Orphans/cero」
  • ゆったりとリラックスした状態で仕事に挑める「88RISING/Midsummer Madness ft. Joji, Rich Brian, Higher Brothers, AUGUST 08」
  • 仕事で壁にぶつかったときに聴きたい「Revolution 1/The Beatles」

① 桃源郷/Mega Shinnosuke

パースや図面に取り掛かる際に聴いています。曲調やリズムが癖になる曲です。
作業中に歌詞が頭に入ってくる曲を聞くとなかなか集中できなけれど、この曲は歌詞がキテレツで意味不明なので、耳に入ってこず”いい意味で”作業に集中できるのでお気に入りです(笑)。

(Kさん)

② ロマンス宣言/カネコアヤノ

疾走感のある曲で、今日も頑張ろう!と気合を入れるときに聴いています。
特に、転職活動の面接前に必ず気合を入れるために聴いてました笑何も考えず自分らしく突っ走ろう!という前向きな気持ちになります。

▲紹介いただいた方:リノベ設計職 加藤さん
アトリエ出身の加藤さん。現在はマンションの一室リノベーションの設計と現場管理を行っている。
加藤さんの愛用道具記事はこちら

③ Orphans/cero

デザインに行き詰ったときに聴いています。
歌詞が空想的な世界観で描かれているので、製作をしながら自分を違う世界に連れて行ってくれるような気分になります。新しい発想が生まれそう。夜の曲だけど明るさもあり、スローテンポな曲調が心地よいゆるさを感じさせます。音とメロディーがいい具合にすり抜けていく気持ちのいい1曲です。

(Sさん)

④ 88RISING/Midsummer Madness ft. Joji, Rich Brian, Higher Brothers, AUGUST 08

アジア文化を世界へ発信しているレーベルによる代表曲。アルバム『Head In The Clouds』から、 88RISINGのコアメンバーによる曲を選びました。一番メジャーな曲です。
浮遊感のある力の抜けたゆるい感じが気にいっていて、通勤中、作業中、家でまったりするとき…色んな場面で聴いています。ゆったりとリラックスした状態で仕事に挑めます。

▲紹介いただいた方:リノベ設計職 大山さん
マンションの一室リノベーションの設計と現場管理を行っている。
大山さんの愛用道具記事はこちら

 

⑤ Revolution 1/The Beatles


社会に対する意識の変え方を歌った曲でビートルズのシンプルなノリとコードが癖になります。
高校生の頃、ビートルズオタクで親友と一枚ずつアルバムを集めていました。学校の帰りのバスの中で聞いたり、歌詞の意味を友達が書いてプレゼントしてくれたりしていました。その中でもホワイトアルバムはコンセプトが浅くなく、伝えたいことがはっきりしていて、でもミステリアスで、当日クリエイティブなものが好きだったので強く記憶に残っています。
社会に同じ武器で立ち向かうのではなく「自分の頭を変えてみなよ〜」という意味合いの歌詩なので
仕事で壁にぶち当たったときに元気づけるために聴いています。「なる様になるさ!上手くやろう!」という前向きな気持ちになれますよ!

▲紹介いただいた方:リノベ設計職 石岡さん
マンションの一室リノベーションの設計と現場管理を行っている。
石岡さんの愛用道具記事はこちら

 

 

  • facebook
  • twitter