リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2020.09.10

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ 9月25日(金)グランドオープン

 

⊕PRTIMES

 

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社(本社:東京都江東区)は、 ブルーボトルコーヒーとして横浜エリア2号店となる「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」を「MARK IS みなとみらい」内に 2020年9月25日(金)にオープンいたします。

横浜美術館の目の前に位置し、カフェ前のスペースにはブルーボトルコーヒージャパン初の公園を活用した屋外シーティングが広がるみなとみらいカフェ。ガラス張りの開放的な空間に、曲線やウッド素材が柔らかさを感じさせる心地よいカフェデザインは、ブランドとして初めてご一緒する芦沢啓治建築設計事務所が担当しました。カフェが位置するエリアを公園として捉え、公園の中心となるシンボルツリーとしてカフェが存在し、その木陰でゲストがゆったりと過ごすことができるような、温かみのある空間をデザインしました。

店内の中央に位置する円形のカウンターからチェアに至るまで、店内で使用する家具はみなとみらいカフェのコンセプトに合わせてデザインされたカリモク家具によるオリジナル。その中でもチェア、テーブルなどのアイテムは芦沢啓治建築設計事務所とコペンハーゲンのデザインスタジオNorm Architectsがデザインを担当し「カリモクケーススタディ」のコレクションとして製品化される予定です。ランドスケープ、カフェの空間設計、そして家具のディティールに至るまでを一つの体験と考えるデザインアプローチを取ることにより、周囲の景観とのハーモニーを奏でるカフェと家具のデザインに仕上がりました。またカフェのオープン時には一部の家具の予約販売も予定しています。

みなとみらいカフェでは、丁寧にハンドドリップしたコーヒーやエスプレッソドリンクはもちろん、ドラフトにてお楽しみいただける「ブルーボトルコーヒー ペールエール」、そしてご注文をいただいてから焼き上げる「リエージュ ワッフル」やブランチにもぴったりなオープンサンドなどの軽食もご用意しております。

お出かけのひと休みに、広々とした屋外シーティングや心地よいカフェ空間で美味しいコーヒーをお楽しみいただける、みなとみらいカフェ。 みなさまのお越しをお待ちしております。

COFFEE CAMP MUG BY TSUBAME みなとみらいカフェ先行発売

コーヒーキャンプマグ バイ ツバメ

コーヒーキャンプマグ バイ ツバメ

コーヒーキャンプマグ バイ ツバメ 3,200円
ものづくりの町、新潟県燕市で作られている「不変で不偏」をコンセプトにオリジナルのプロダクトを開発している「GLOCAL STANDARD PRODUCTS」の、”TSUBAME”シリーズとコラボレートした琺瑯マグカップ。琺瑯(ホーロー)は金属にガラス質の釉薬を焼付けたもので、汚れやにおいがつきにくく、洗いやすくお手入れがしやすいのも特徴です。燕三条にある工房にて、一点ずつ丁寧に職人の手によって作られています。ご自宅やオフィス、またアウトドアでのご使用もおすすめです。

BLUE BOTTLE GO BOTTLE みなとみらいカフェ先行発売 

ブルーボトル ゴー ボトル

ブルーボトル ゴー ボトル

ブルーボトル ゴー ボトル 5,400円   実用容量:355ml
「RevoMax」とコラボレートした「ブルーボトル ゴー ボトル」は、長時間の保温保冷性能を持ち、コーヒーをフレッシュな状態で持ち運べるほか、炭酸の内圧を逃す仕組みを採用することで、コーヒーペールエールなど炭酸のドリンクの持ち運びにも適したボトルです。片手で簡単に開閉できるので、スポーツなどのシーンにもぴったり。 ブルーボトルコーヒーのオリジナルカラー「清澄グレー」のキャップとロゴが控えめに入ったシンプルなボトルは、ビジネスシーン・プライベートでも持ち歩きたくなるデザインです。

※価格は全て税抜きです。

CAFE INFO カフェについて
[ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ]
※9月25日(金)GRAND OPEN
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい 3-5-1
MARK IS みなとみらい GL 階
営業時間 8:00–20:00
店舗面積 114.13m2
店内席数  屋内26席 、 屋外ベンチ席(2~3名用)×12台
(9/25 の時点では、席数を減らし営業いたします)
アクセス
電車:みなとみらい駅(みなとみらい線)直結
桜木町駅(JR・市営地下鉄)から「動く歩道」を利用し、徒歩 8 分
バス: 桜木町駅から、市営バス 156.292 系統で「横浜美術館」下車

ABOUT BLUE BOTTLE COFFEE ブルーボトルコーヒーとは
ブルーボトルコーヒーは2002年に、創業者のジェームス・フリーマンによって、アメリカ・カリフォルニアで誕生しました。創業以来、デリシャスネス、ホスピタリティ、サステナビリティを信念に掲げながら、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供してまいりました。また、自社のロースタリーから焙煎したてのコーヒーを配送可能な地域にのみカフェをオープンすることで、おいしさのピークに合わせてエイジングしたコーヒー豆の販売を行っています。現在は、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、ボストン、ソウル、香港、東京、横浜、京都、神戸で90店舗以上を展開しています(2020年9月現在)。

BLUE BOTTLE COFFEE 公式 オンラインストア:store.bluebottlecoffee.jp/
BLUE BOTTLE COFFEE 公式インスタグラム:instagram.com/bluebottlejapan

ブルーボトルコーヒー カフェ一覧(9月10日現在は表記より席数を減らして営業しております)

・清澄白河フラッグシップカフェ (2015/2/6)
〒135-0023 東京都江東区平野1-4-8
店舗面積 184.27m²
席数 47席

・青山カフェ (2015/3/7)
〒107-0062 東京都港区南青山3-13-14
店舗面積 214m²
席数 80席

・新宿カフェ(2016/3/25)
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6
店舗面積 155.19m²
席数 30席

・六本木カフェ(2016/9/16)
〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7
店舗面積 138.91㎡
席数 27席

・中目黒カフェ(2016/10/27)
〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-23-16
店舗面積 417.78㎡ (カフェエリア:61.49m²)
席数 40席

・品川カフェ (2016/11/15)
〒108-0075 東京都港区港南2-18-1
店舗面積 165.80 ㎡
席数 27席

・三軒茶屋カフェ(2017/10/27)
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-33-18
店舗面積 93.97m²
席数 33席+テラスエリア

・京都カフェ (2018/3/23)
〒606-8437 京都府京都市左京区南禅寺草川町64
店舗面積 452.98㎡ (カフェエリア:64.98m²)
席数 44席

・神戸カフェ (2018/7/20)
〒650-0039 神戸市中央区前町1
店舗面積 217.8㎡
席数 63席

・目黒カフェ (2018/8/17)
〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-2-19 1F
店舗面積 69.33 ㎡
座席数 19席

・神田万世橋カフェ(2018/12/7)
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-25-4
店舗面積 24.91㎡

・池袋カフェ(2019/3/22)
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-23-7
店舗面積 65.01㎡
席数 9席

・恵比寿カフェ (2019/7/19)
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿本館1階
店舗面積 85.07 ㎡
席数 21席

・銀座カフェ (2019/8/16)
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2F
店舗面積 117.79 ㎡
席数 48席

・京都六角カフェ (2019/12/13)
〒604-8135 京都市中京区東洞院六角上る 三文字町226-1
店舗面積 90.47㎡
席数 25席

・広尾カフェ  (2020/6/11)
〒150-0012  東京都渋谷区広尾 5-4-16 THE RESTAURANT 1F
店舗面積 95.70㎡
店内席数 28席

・NEWoMan YOKOHAMA カフェスタンド (2020/6/24)
〒220-0005  神奈川県横浜市西区南幸1丁目1番1号 NEWoMan YOKOHAMA 1F
店内席数:なし *POP-UPカフェスペース(26席)

・竹芝カフェ (2020/9/14 GRAND OPEN)
〒105-7503 東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー 3階
店舗面積 92.06㎡
店内席数 22席

・ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ (2020/9/25 GRAND OPEN)
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい 3-5-1
MARK IS みなとみらい GL 階
店舗面積 114.13m2
店内席数 屋内26席 、 屋外ベンチ席(2~3名用)×12台

  • facebook
  • twitter