リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2020.08.23

IoT市場のテクノロジー別、市場規模・トレンドについての調査レポートが公開

⊕PRTIMES

Kenneth Researchは、2016-2024年までの予測期間の詳細な分析と業界の洞察で構成されるモノのインターネット(IoT)市場に関するレポートを2020年8月20日に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。モノのインターネット(IoT)市場はテクノロジー別:ZigBee、Bluetooth Low Energy(BLE)、近距離無線通信(NFC)、Wi-Fi、およびRFID、アプリケーション別、地域別によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

[調査レポートの詳細内容について]
www.kennethresearch.com/report-details/internet-of-things-iot-market/10325467

モノのインターネット(IoT)とは、現在インターネットに接続され、データを収集および共有している世界中の数十億の物理デバイスを指します。IoTを使用すると、組織はプロセス効率、生産性、および資産の利用率を向上させることにより、運用コストを削減できます。モノのインターネット技術は、さまざまなスマートデバイスを接続して、操作やデータの共有を容易にするのに役立ちます。センサー、スマートフォン、ウェアラブルなど、さまざまなスマートデバイスがあり、これらのデバイスから必要なデータを収集して、さらに顧客のエクスペリエンスを向上させるために利用します。データ分析と分析の統合に対するニーズの高まりにより、予測期間中のモノのインターネット市場の利用が牽引されると予想されます。

グローバルIoT市場は、2016-2024年までの21.1%のCAGRで成長し、2024年までに1,599.3億米ドルに達すると推定されています。

グローバルなIoT市場は、高度なワイヤレスネットワークテクノロジーの開発、Wi-Fi接続の浸透の高まり、スマートウェアラブルデバイスへの高い需要、クラウドベースのプラットフォームの採用の増加、IoTのアプリケーションの増加などの要因によって推進されています。ただし、帯域幅の改善に対する需要の増加、データベースとデータタイプのアップグレードと統合の欠如に関連するセキュリティリスクの増加などの要因は、市場の成長を妨げます。さらに、スマートホームの人気の高まり、および一般的なセキュリティモデルの上昇により、今後数年間でいくつかの成長機会を提供します。
レポートのサンプルURL: www.kennethresearch.com/sample-request-10325467

製造、自動車、ヘルスケアなどのエンドユーザー産業全体でのIoTテクノロジーの採用の拡大により、市場の成長が促進されています。インダストリー4.0とIoTは、スマートファクトリオートメーションとも呼ばれる、物流チェーン全体の開発、生産、管理のための新しい技術的アプローチの中心にあります。モノのインターネット市場は、テクノロジー、アプリケーション、地理などに分割されています。テクノロジーは、Bluetooth Low Energy(BLE)、ZigBee、Wi-Fi、近距離無線通信(NFC)、およびRFIDに分割されています。さらに、アプリケーションは、産業、ヘルスケア、小売、自動車、家庭用電化製品などに分類されます。

このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のモノのインターネット(IoT)市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。モノのインターネット(IoT)市場における業界のリーダーはCisco Systems Inc., Google Inc., Microsoft Corporation, International Business Machine (IBM) Corporation, Intel Corporation, Hewlett Packard Enterprise, Amazon web services, SAP SE, Oracle Corporation, Bosch Software innovation GmbH,などです。

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

地理に基づいて、市場は以下の地域に分割されています。

  • 北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

  • facebook
  • twitter