リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2020.08.21

中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクトがクラウドファンディングを開始

 

⊕PRTIMES

 

中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト(東京都中央区、代表 前田達之)は8月21日から、クラウドファンディングを開始します。これは書籍『中銀カプセルスタイル~20ストーリーズ~(仮)』の出版に向けたもので、普段は見ることができないカプセル内部の魅力を伝えることで、多くの人に保存活動への興味を持ってもらうことを目的としています。

 

motion-gallery.net/projects/capsulestyle/

中銀カプセルタワーは建築家黒川紀章氏設計したメタボリズム建築の代表作です。日本はもちろん海外からの人気も高い建物で、ハリウッド映画やドラマ、MVにも頻繁に登場します。奇抜な外観とカプセルを交換することができるメタボリズムのコンセプトに注目されがちですが、10平米の狭小空間をカスタマイズしながら楽しむ人が増加し、幅広い年代層への人気が高まっています。 

今回の書籍出版は2015年の『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟』と2017年『中銀カプセルガール』に続く「カプセル本」の第三弾として企画しました。48年前のオリジナルの内装を残したカプセル以外にも、和室やアンティーク調にリノベーションされたものや、最新のデジタル機器を備えたものなど、同じカプセルとは思えないほど多様な内側を紹介します。また住居や事務所、セカンドハウスなど様々な用途に活用されている“人”にもスポットを当て、それぞれのカプセルスタイルについて語っていただきます。

クラウドファンディングのリターンは書籍を中心に、撮りおろし写真で作成した卓上カレンダーや20カプセルの内部と住人のインタビューを記録した映像DVD、書籍巻末へのお名前クレジットなどを用意しました。特に映像DVDは1カプセル2分程度のものを20カプセル、約40分に渡り、360度撮影のカットやリアルな住人の声等を収録し、カプセルの空気感がよく伝わる充実の内容です。管理組合の承認を得ることで、普段は撮影することができないロビーや階段などの共有部の映像も含まれています。

すでにニュースにもなっていますが、2018年6月には、カプセルタワービルの地主であり約3割の議決権所有者であった中銀グループが、自分たちの権利を投資グループに売却しました。それから2年が経過し、投資グループの議決権はすでに6割を超えています。これが8割以上になると建物解体への動きが加速します。私たちプロジェクトもカプセルの交換施策など様々な提案をしていますが、非常に厳しい立場に追い込まれています。このクラウドファンディングをフックに、中銀カプセルタワービルの保存活動について再認識いただければと思います。

■書籍概要(予定)
書名:『中銀カプセルスタイル 20ストーリーズ 』(仮)
編著:中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
判型:A4変型判(天地210×204mm)
装丁:並製128ページ、カラー/モノクロ
予価:2,420円(税込)全国書店にて流通
編集・発行:株式会社草思社(東京都新宿区)
刊行予定:2020年11月

■中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
中銀カプセルタワービルの保存・再生を目的に2014年にオーナーや住人で結成。カプセル見学ツアーや1か月間から宿泊が可能なマンスリーカプセルの運営をおこなうことで、多くのカプセルファンを獲得してきました。建築好き以外の層を取り込むためにカプセルに関連した各種イベント、特にアートや音楽に関連したものを建物内外で開催。メディアの取材対応をはじめ、ファッションやMV撮影のお手伝いもおこなっています。

公式ウェブサイト:www.nakagincapsuletower.com/
Facebook:www.facebook.com/NakaginCapsuleTower
instagram:www.instagram.com/nakagin_capsule_tower/
Twitter:twitter.com/nakagincapsule

  • facebook
  • twitter