• pinterest
 
 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2022.09.18

リニューアルした「MIYASHITA PARK」を解剖!

リニューアルした「MIYASHITA PARK」を解剖!

2022年7月28日、渋谷の新名所「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」がOPENしましたね。

リノベーションして生まれ変わった宮下公園と商業施設について調査するべく、取材班が潜入してきました。

 

入り口から入場まで

 

さあ、早速つきました「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」。

緑と黒の看板が目印で、JR渋谷駅から徒歩3分程度です。入り口は宮下公園側と渋谷駅方面の2箇所あり、今回は渋谷駅方面から入場します。

通路は渋谷駅前の高架下をくぐって、ロイズチョコレートの横です。

 

 

通路を抜けると、、

 

 

ついに入場!早速現れました、新「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」。

公式webサイトはこちらから

 

 

エスカレーターを上がると2階の店舗入り口へとつながります。右の階段を登っていくと、公園への入り口に。

2階の商業施設を運営するのは三井不動産で、店舗の正式名称は「RAYARD MIYASHITA PARK(レイヤードミヤシタパーク)」といいます。

 

いざ店内へ

 

どこまでもつづく、ショップ、、、

 

店内案内が立体なのが、とてもかわいいです。壁の色味も、無機質ながらも温かみがあり都会的です。

 

2F:ショップ

 

ショップとしてはベイクルーズ・グループが運営する「l’echoppe」や

 

 

福岡発祥の人気ソフトクリーム専門カフェ「Daimyo Softcream」の渋谷店。

 

 

鼻のオブジェが特徴的な、「NOSE SHOP」。

 

 

そしてなんといっても見ておきたいのが、白Tシャツ専門店として有名な「#FFFFFFT(シロティ)」のミヤシタパーク店。店舗デザインを担当したのはTRUNK (HOUSE)などのディレクションを手掛ける「トリップスター(TRIPSTER)」

キオスクをイメージしたホワイトな内装は、商品との相性もよく建築・デザイン好きなら必ず見ておきたいコンセプトショップです。

 

 

店舗スペースを抜けると、大きな吹き抜けが。

 

 

時間帯により色が変化する柱が特徴的なエスカレータースペースが、フロアの中央に。また天井もガラス張りのため、空間全体が非常に広く感じます。

 

 

3F:フードコート

 

さらに2Fショップを抜けて、

 

 

開放的なエスカレーターを昇ると、

 

 

3Fに到着します。3Fは主にフードコートとショップがメインのフロアとなっております。

 

 

ショップは中華やスパニッシュなど様々なお店が展開。

 

 

また、フードコートがあるのも魅力的です。店舗としては王道のマクドナルドはもちろんのこと、「パンダエクスプレス」や「タコベル」も。さすがのお店チョイスです。

 

3F:ショップ

 

 

また3Fにはフードコートだけではなく、今注目のファッションショップ「EQUALAND」やレコードショップなども。

 

 

3F:ギャラリー

OPEN時は、8/24まで国内外で人気の「KYNE」の展覧会が開催されていました。定期的にHOTな展覧会やイベントが開催されていますので要チェックです!