リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2020.07.08

新進気鋭の設計事務所「Puddle Inc.」が手掛けた、コレボレーションスペース

⊕PRTIMES

阪急阪神マーケティングソリューションズ本社[以下hhms:](本社:大阪市北区、代表取締役社長:三宅良明)に、さまざまな才能あふれる人々が集いアイデアや情熱を交流させる場「platform:(プラットフォーム)」が完成いたしました。

空間ディレクションは、グローバルブランディングエージェンシー「artless Inc.」とタッグを組み世界水準のクリエイティブを発信していく自社ユニット「ahd osaka」が担当。建築、インテリアからプロダクトまで幅広い空間デザインの領域で注目される「Puddle Inc.」とのコラボレーションにより、hhms:のコーポレートイメージを具現化しています。

platform:設置の背景

次の時代を見据えたクリエイティビティーあふれるソリューションを生み出すには、さまざまな才能あふれる人々がリアルの場に集い、アイデアや情熱を交流させることが重要だと考えています。また、ステークホルダーが共通して持つことができるコーポレートイメージの確立も必要でした。このような背景から、hhms:を象徴する場としてオフィス内にコラボレーションスペースを設置しました。

エントランスのガラス面には、hhms:のミッション「新しい文化を、共に創る。」を掲げています。

コミュニケーションの場としての活用

昨今のコロナ禍において人との接触が制限され、オンライン上でのコミュニケーションが加速する一方、対面でのコミュニケーションの重要性も見直されてきています。

コラボレーションスペースplatform:は、各テーブルに飛沫防止パーテーションを設置し対策を行ったうえで、密を避けるための柔軟なオフィスワークやリアルの場でしか得られない質の高いコミュニケーションの場として、ミーティングのほか、外部講師やクライアントを交えたワークショップの場としても活用してまいります。

[7月下旬以降、企業理念の浸透を目的とする社内ワークショップを実施予定です。]

ネーミングコンセプトについて

platform: という名には、駅のプラットフォームのように人々が交流し、さまざまなアイデアが生まれる舞台にしていく場、という思いを込めています。窓に面した眺望の良いエリアは1段高くなった構造にし、プラットフォームを思わせるデザインになっています。

インテリアについて

インテリアは独自にセレクトした家具と、オリジナルの造作家具でコーディネート。ここで働く人々のクリエイティビティーを最大限に引き出せるよう、自然素材や造形の美しいグリーンを用いてリラックス感のある空間に仕上げています。

私たちは、platform:を、 “新しい文化を、共に創る。”という私たちのミッションを実現する場にしていきます。

 

■project leader■

ahd osaka/ “世界クオリティのクリエイティブ集団”を目指す hhms:内のクリエイティブユニット。グローバルに活動するブランディングエージェンシー「artless」と連携し、グラフィックデザインを軸としたブランディングおよびトータルデザインを提供する。今回、platform:および本社オフィスのサイン計画なども担当。

 

 

 

■partner■

artless Inc./ 川上シュン氏率いるグローバルブランディングエージェンシー。グラフィックから建築まで包括的なブランディングとコンサルティングを行う。NY ADC、D&AD、ONE SHOW、カンヌライオンズ、国際クリエイティビティ・フェスティバル金賞など多数の国際アワードを受賞。

 

 

 

Puddle Inc. / 代表 加藤匡毅氏。京都発のコーヒーブランド「% ARABICA 」をはじめ、国内外で様々な案件の建築、インテリアからプロダクトまで幅広い空間デザインを手がける。著書に「カフェの空間学 世界のデザイン手法」。

 

 

>>さらに読む

あわせて読みたい

・【みんなの失敗談】コンクリートブロックは壊しちゃダメだよ!!

・Nook Architects add patterned floor tiles and window seat to Barcelona apartment renovation

・【法令】知っていますか?住宅用火災警報器の設置基準

  • facebook
  • twitter