リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2021.07.26

今や必需品?! 在宅ワークにおススメのワークチェア5選!

~この記事でわかること~

  • 圧倒的な知名度といえば「アーロンチェア」
  • ランバーサポートが特徴の「エルゴヒューマン 」
  • メッシュチェアで有名な「コンテッサ」
  • オシャレなワークチェアといったら「セイルチェア」
  • 意外と使える!?「Yチェア」

昨年以降、コロナウイルス感染拡大の影響でマンションリノベーションのニーズの高い都市部の多くの企業で在宅ワークを導入する会社が増えました。そんな中、家庭でのワークチェアの需要が一気に高まったのはいうまでもありません。国から支給された特別定額給付金でワークチェアを購入された方も多いのではないでしょうか。

2021年も新たな住まいを作るタイミングで、ワークチェアの購入を検討する方も多いはずです!そこで今回は、ワークチェアを具体的に5つピックアップして紹介していきたいと思います!

圧倒的な知名度!アーロンチェア

まず1点目、オフィスチェアの王様と言っても過言ではない、「アーロンチェア」。

引用元:Herman Miller HP より

アーロンチェアは一言で言うと人間工学に基づいて設計された高機能ワークチェアです。他メーカーからも人体工学を駆使した高機能ワークチェアは多数発売されていますが、その中でもハーマンミラーのアーロンチェアは評価も高く長く愛されているワークチェアなのではないでしょうか。ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品でもあります。そしてそんなアーロンチェアはなんと12年の保証が付きます。(一部部品を除く)それだけ品質に自信を持っているという事なのではないでしょうか。アーロンチェアの特徴は他にも色々あるのですが、ポイントを2つ紹介します!

ポイント1「8Zペリクルサスペンション」

8Zペリクルサスペンションとは背もたれと座面を8個にゾーン分けをし、かかる負荷に合わせて張り地の強度を変えているのです。肩甲骨や坐骨部分は柔らかく、逆に支える必要がある箇所は張力が強くなっており、必要に応じた張力でサポートしてくれます。


引用元:Herman Miller HP より

ポイント2「ポスチャーフィットSL」

骨盤についている仙骨をサポートし、骨盤を立ててくれる事で人間本来の正しい姿勢にしてくれます。デスクワークをしているとどうしても猫背や腰が曲がりがちになってしまいますが、骨盤が支えられている感じがあるので、長時間無理なく背筋を伸ばしたままデスクワークをする事ができます。アーロンチェアにして集中力が持続した。という人も多いです。


引用元:Herman Miller HP より

 

独立したランバーサポートが特徴!エルゴヒューマン

次にご紹介するのはエルゴヒューマン。こちらも名前を聞いた事がある人も多いのでは。

引用元:Ergohuman HP より

エルゴヒューマン の特徴はなんといってもランバーサポートです。こちらも人間工学に基づいて設計されており、座った時に理想的な背骨のラインをキープしてくれます。

引用元:Ergohuman HP より

このランバーサポート部分が独立している為、座る人に合わせた細かい調整が可能なのです。ランバーサポートによる腰のホールド感が丁度よく、長時間座っていても腰が痛くなりにくい。座ったままずっと居られるのではと思うくらいの心地よさです。また何といってもコストパフォーマンスが良い!高機能ワークチェアにしてはお手頃な価格も魅力的です。様々なラインナップがあるので用途に応じて商品を選ぶ事ができるのも嬉しいですよね。

メッシュチェアの最高峰!コンテッサ

続いては日本のオフィス家具メーカー、オカムラから発売されている「コンテッサ」。


引用元:オカムラ HP より

こちらは一番最初に紹介したアーロンチェアに対抗する為に開発されたとも言われています。イタリアのインダストリアルデザイン会社とのコラボなだけあって、形がスタイリッシュ。特に後ろから見た時のデザインが美しい!

引用元:オカムラ HP より

もちろんデザイン性だけではなく機能性も兼ね備えており、こちらも人間工学に基づいて作られています。コンテッサはリクライニングしながらのデスクワークでも快適。リラックスする時ことを考慮したい方はにヘッドレストもつけることもオススメです。チェアに座りながら休憩する人にはアーロンチェアよりコンテッサの方が合うかもしれません。

見た目もオシャレなセイルチェア

次に紹介するチェアは見た目からして可愛い「セイルチェア」。


引用元:Herman Miller HP より

セイルチェアの特徴は何といっても高機能かつおしゃれ!まず見た目がとても可愛いんです。ワークチェアはゴツくて部屋に置くには存在感がありすぎるというイメージがありますが、セイルチェアは今まで紹介したチェアに比べ、どの角度からみてもセンスのあるデザイン。色も2.3色だけでなく、とにかくカラーバリエーションが豊富。カスタムカラーも含めると約5,000通りもの中から選ぶ事ができますので、リノベーションされた住まいへも馴染みやすいかと思います。


引用元:Herman Miller HP より

そしてセイルチェアは可愛いだけではありません。こちらは1つ目に紹介した「アーロンチェア」と同じハーマンミラー 社が作っており、セイルチェアも同じく人間工学に基づいて作られているのです。前傾姿勢でデスクワークした時でも腰の部分がサポートされている感じがします。背もたれは上に行くほど細くなりますが、絶妙に肩甲骨当りを支えてくれ安定感は十分あり、その中で腕を動かす際に背もたれが邪魔にならないバランスです。また今回紹介している中では、予算が抑えられるのも嬉しいポイントです。もちろんこちらもアーロンチェア同様、12年の保証付!

北欧家具の名作!Yチェア

最後にご紹介するチェアは北欧家具で有名なYチェア。

引用元:CARL HANSEN & SØN HP より

ワークチェアとダイニングチェアを兼用している人も少なくないのでは。

こちらのYチェア、実は長時間座っても座り心地がとても良いのです。
座面がペーパーコードという紐でできていて程よい弾力があり、お尻を包み込んでくれます。またフレームが木製の為、木の温もりを感じる事ができリラックス効果も。一度座ったら心地よくてなかなか立ち上がる事ができません。

引用元:CARL HANSEN & SØN HP より

座面が深く幅も広いので深く腰掛け、ずっしり座って仕事をしたい人に向いています。読書などにもオススメ。

もちろんダイニングチェアの用途でも使用する事ができるので、1脚で何役もしてくれます。お部屋のインテリアにも合わせやすく、リビングで在宅ワークをしている人には選択肢の一つとして入れて欲しい椅子です。今回は色々なチェアを紹介しましたが、どのチェアが一番合うかは使う人によって様々です。まずはワークチェアに興味を持ち、実際に座り心地を試してみてください。