リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2020.12.01

【リノベーション用語】自動火災報知設備とは?

自動火災報知設備とは?

自動火災報知設備は、火災の際に感知器が煙や熱を自動的に検知し、受信機やベル、廊下などにある赤いランプの盤を鳴動させて、建物内にいる人に火災の場所や火災発生を知らせる設備で、受信機・発信機・中継器・表示灯・地区音響装置・感知器から構成されています。略称で「自火報(じかほう)設備」とも呼ばれます。

 

▼自動火災報知設備が関連する記事はこちら

設計をすると、仕上げや照明など意匠的なところに目がいきがちですが、忘れてはいけないのがお部屋の警笛部隊、住警器こと、「住宅用火災警報器」。住宅火災の避難を促進するために居室への設置が義務化されています。

続きはこちら → → 【法令】知っていますか?住宅用火災警報器の設置基準