リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2020.08.05

雑誌『モダンリビング』No252発売記念 第2回オンライントークイベント8月7日開催!

 

⊕PRTIMES

 

住まいとインテリアのラグジュアリー住宅誌『モダンリビング』(発行:株式会社ハースト婦人画報社、本社:東京都港区、代表取締役社長:二コラ・フロケ)は、8月7日に「包まれる庭」特集号を発売します。またこの度、「包まれる庭」特集号の発売を記念し「建築と自然の共生」と題し、 オンライントークイベント開催いたします。

 

左から建築家中村拓志さん(中村拓志&NAP建築設計事務所)モダンリビング発行人・下田結花、モダンリビング編集長・志水りえ

左から建築家中村拓志さん(中村拓志&NAP建築設計事務所)モダンリビング発行人・下田結花、モダンリビング編集長・志水りえ

■イベント概要
【テーマ】「建築と自然の共生」
【開催日時】8月7日(金)20時~21時30分終了予定
【配信場所】youtubeモダンリビングチャンネル(スピーカーがZOOMでトークする内容をyoutubeで生配信します。)
【参加費】無料
【URL】youtu.be/uTtxXq6LIj8
【ゲスト】建築家・中村拓志さん(中村拓志&NAP建築設計事務所)
【ファシリテーター】モダリビング発行人・下田結花、同編集長・志水りえ
【トークイベント内容】

“withコロナ”の環境下、庭や自然に目が向いている方も多くなりました。そんな中、建築と自然の共生、共有、関係性に関して、様々な試みをされてきた建築家中村拓志さんに、どのようにこれからの暮らし住まいは変わっていくのかなどお話いただきます。

 

■No252は家族を守る楽園を住まいにつくろう! 包まれる庭特集
コロナ禍の中、マスクもフェイスガードも必要なく家族が笑顔で会話や食事ができる“家は家族の安心安全を守る場所”という役割を再認識。そんな中、自然の光や風、植物を存分に味わえる庭の優先順位は、ますます高くなっています。家族を優しくそして力強く包み込み、ストレスから解放する庭を「建築・緑・家具」という3つのパートでお届けします。

モダンリビングNo252より

モダンリビングNo252より

■これからの豊かさの基準は“サステナブル”
先進国と呼ばれる地域では便利で豊かな暮らしが実現しましたが、その結果、環境問題を引き起こしていることも事実です。未来の世代が必要とする環境や暮らしを損なうことなく幸福な社会をどう築きあげるか、住宅の世界で“サステナブルであること”を追求し続ける建築家の取り組みを紹介します。

モダンリビングNo252より

モダンリビングNo252より

■そのほかのコンテンツ
GREEN TOPICS10、ML誌上で開催!ミラノ・デザイン・ウィーク2020、アントワープの都市の庭、眼福&口福をかなえる ブレークタイムの演出法とグッズほか

モダンリビングNo252より

モダンリビングNo252より

【販売価格】1,850円(税込)(No252 2020年8月7日発売)
【販売書店】ネット書店含む、全国の書店とELLE SHOPにてお取り扱いしております。
ELLE SHOP:elleshop.jp/web/commodity/000/304900208501/

モダンリビングNo252 表紙

モダンリビングNo252 表紙

『モダンリビング』とは
1951年に「新しい生活を創る新しい住居の雑誌」として創刊しました。以来、時代に即した日本の住宅、日本人のライフスタイルを提案し続けてきました。毎号「幸せを実感できる豊かな暮らしと空間」を提案しています。

■ハースト婦人画報社について

ハースト婦人画報社は、テレビ、新聞、雑誌、情報サービスなどを展開する、米国で最大級のメディアグループ、ハーストの一員です。1905年に創刊した『婦人画報』をはじめ、『ELLE(エル)』、『25ans(ヴァンサンカン)』、『Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)』、『Men’s Club(メンズクラブ)』『ELLE DECOR(エル・デコ)』などを中心に、ファッション、カルチャー、デザイン、フード、ウエディングなどに関する雑誌発行と多数のデジタルメディアの運営を手掛けています。近年はメディアの領域にとどまらず、「エル・ショップ」などのEコマースの運営、クライアント企業のマーケティング活動をトータルにサポートする「HEARST made (ハーストメイド)」 のサービス提供、データに基づきクライアントブランドのマーケティングを支援する専門組織「ハースト データ スタジオ」を立ち上げるなど、コンテンツ制作における知見にデジタルの知見とデータを融合した企業活動を展開しています。
URL:www.hearst.co.jp
ツイッター:@Hfujingaho | リンクトイン:www.linkedin.com/company/hearst-fujingaho

 

>>さらに読む

  • facebook
  • twitter