リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2020.03.02

【キッチン】圧倒的なデザイン性の高さを持つトーヨーキッチンスタイルの特徴

出典:株式会社トーヨーキッチンスタイル

TOYO KITCHENの特徴

「「住む」をエンターテインメント。」というコンセプトをもとに、キッチン業界の中でも特にデザイン性の高いキッチンメーカーとなります。

ただデザインだけではなく、3Dシンクやエアフローなどの機能面も非常に充実しております。また一つ一つ手作りであり、職人の細やかな工夫も見られる最高級キッチンメーカーと言えます。今回はそんなトーヨーキッチンスタイルのブランドラインである「iNO」「CORE」「BAY」「i kitchen CUBE」をご紹介いたします。

 

iNO

出典:株式会社トーヨーキッチンスタイル

TOYO KITCHENの中でも最高級ランクに位置しており、高価なキッチンとなっております。
ただその分、デザイン性と機能のクオリティが非常に高いです。シンク内で「洗う」「切る」「盛り付ける」を完結させる事のできる「パラレロ」やキッチン天板にはTOYO KITCHENならではの加工を行う事により、ここにしかないデザインを生み出しています。
またオプションもとても豊富な事や一つ一つ手作りで行われている事から、唯一無二のキッチンを作りだす事が可能です。

iNOの詳細

Webカタログ

CORE

出典:株式会社トーヨーキッチンスタイル

細部までこだわりぬいた、デザイン性の高いブランドラインとなります。
インテリアとして成立するほどのデザイン性を持ちながら、3DシンクやエアフローなどiNOに近いオプションを選ぶ事が可能です。
特に現代的なデザインがお好みの方には、非常にマッチするキッチンです。

COREの詳細

Webカタログ

BAY

出典:株式会社トーヨーキッチンスタイル

TOYO KITCHENの中では、比較的中価格帯に位置する商品となります。
上記2つのキッチンに比べると、デザイン性はそこまで高くないもののTOYO KITCHENの技術とノウハウが詰まっており、非常に使いやすいキッチンとなっております。

BAYの詳細

Webカタログ

i kitchen CUBE

出典:株式会社トーヨーキッチンスタイル

こちらは先程までにご紹介したブランドとは異なり、「スマートライフを実現するキッチン」として開発されたとてもコンパクトなデザインのキッチンです。
日本の住宅事情を考慮した大きさのためキッチンの広さでは劣るものの、部屋で家具を置くスペースが増えたり、くつろぐ場所が増えます。
また扉一枚から交換できるため、部屋の模様替えを行うようにキッチンもシーンに併せて模様替えする事ができるなど、非常にデザイン性の高いキッチンとなっております。

i kitchen CUBEの詳細

Webカタログ

いかがしょうか。
圧倒的なデザイン性はもちろんの事、キッチン専業メーカーならではの細かな機能など値段に見合うクオリティーの高さを持っているメーカーです。
資金に余裕がある方は、ぜひご検討して見てください。

※更新日:2020/03/02

  • facebook
  • twitter