リノベ業界の新着情報配信中

  • instagram
 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2021.09.22

【リノベを科学する】中古マンション価格、なぜ下がりにくいと言われているの?東京大学 空間情報科学研究センター 特任教授 清水千弘さんに聞いてみた

リノベる株式会社による連載企画「リノベを科学する」

中古住宅やリノベーションに対する不明や不安、素朴な疑問をデータを用いて「見える化する」=「科学する」連載企画です。あくまでもリノベーション事業者へオーダーするユーザーへの記事ですが、リノベーションの仕事を行う皆様にとっても知っておきたい情報です。

是非、チェックしてみてください!

(以下、リノベる公式noteより)


連載企画「リノベを科学する」。第9回のゲストは、東京大学空間情報科学研究センター特任教授であり、麗澤大学特任教授と日本大学教授を兼任されている清水千弘さんです。

ビッグデータ解析を軸に、不動産経済学の分野を専門としており、世の中に多数ある商品や不動産といったモノたちが「どうやって価格は決まるの?」「その価格は今後どのように変化していくの?」といった部分を研究されています。今回は不動産の価格、特に中古マンションの価格とその変化について、ビギナー研究員・田形と、中堅研究員・千葉がお話をうかがいました!
(取材:リノベる。スタッフ/田形研究員、千葉研究員、文:中野広夢)

千葉:リノベーションにおける不安や疑問点をエビデンスをもって読み解く連載「リノベを科学する」。第9回は「中古マンションの価格はなぜ下がりにくいのか」について、不動産経済の専門家である清水千弘先生に「不動産価格」にフォーカスしてお話をうかがいます!

田形:テーマの「中古マンションの価格」についてはもちろん、そもそも不動産の価格がどうやって決まるのか、価値の測り方にはどのようなものがあるのか、といった部分についても知りたいですね!


左:田形研究員、中央:清水千弘さん、右:千葉研究

千葉:私たちも気になるところですね!清水先生、今日はよろしくお願いいたします!

清水:こちらこそ、本日はどうぞよろしくお願いします!

1)そもそも“価値”ってどうやって測るの?

田形:まず、清水先生のご専門について教えてください。

清水:私の専門は「経済測定」という分野で、世の中に数百千万ほどある商品の価値や価格がどのように決まり、推移するかについて研究しています。たとえば家電のデジタルカメラでは、量販店のPOSデータ(販売時点でのデータ記録)を参考にしたり、ネットショップでの価格を参考にしたりして物価指数を測っています。なかでも不動産の価値を測るのはとても難しいと言われているのですが、私は主にそれをテーマに論文を書いていますね。

田形:不動産の価値って難しいんですね。価値を測るのが難しいものって他にはどんなものがあるのですか?

清水:環境の価値の測定もそうですね。これから環境性能の高い不動産がより注目を浴びるようになると言われていますが、不動産も環境も価値を測るのがとても難しいので、それらが合わさるともっと難しくなるという(笑)。研究者として、そういった価値を測るのが難しいものをどうやって測っていくのかという「手法」を開発するために研究しています。また、現時点の価値だけでなく「これからどのように価値が変化していくか」についても同様に研究しています。

田形:先生が研究されている手法や数値が、今後私たちが不動産を購入する際の参考になっていくということですね。

清水:はい。ただ、ここですごく重要なのが「この価値って何の価値のことを言っているんだっけ?」の部分を真面目に考える必要があるということ。

たとえば消費者物価指数というのは,モノの価格を測定しているわけではありません。「ユーティリティ・コンスタント・インデックス(Utility Coonstant Index)」といって,金銭で測定可能な「幸せ(utility)」の測定しているのです。これは「幸せを得るためにどれくらいのお金を支払わなければならないのか」についての指標です。ご飯を食べたり、欲しいものを買ったりする際に支払われたお金と、得られた幸福との関係を表したものです。

これと異なり、投資目的で不動産を購入する際はまた別の考え方で価値を測ります。たとえば1000万円で購入した不動産が1200万円になった。これは投資の観点からすると価値が上がったことになりますが、得られる幸福が増えたかというとそうじゃないですよね。投資と消費では価値の測り方が違うんです。

千葉:言われてみれば、たしかに……!一言に価値といっても、様々な観点や考え方があるんですね!

清水:そうなんです。先ほどの話とは逆に、不動産の購入から20年経って投資価値が下がったといっても、満足して住んでいる人からしたら大きなお世話であって(笑)。幸せのレベルは下がっていないから価値が下がったとは思っていないんです。ただ、売りに出すときは20年も経っているので投資価値は下がっていますよね。

田形:”何を軸に価値を測るのか”で全然変わるんですね!

清水:その通りです。だからこそ、「価値って何の価値のこと言っているんだっけ? 何の価値を測っているんだっけ?」の部分が重要なんです。それを研究するのが僕の仕事ですね。

2)中古マンションの価値が目減りしないのはなぜ?

田形:不動産の中でも、マンションの価値はどのように考えればいいんでしょうか?

清水:前提として、不動産は“土地”と“建物”の合計で価値が決まります。

マンションは一般的な戸建て住宅とは土地の比率が違い、持ち分の土地は少なく、絶対的に建物の比率の方が大きくなりますよね。経年減価で言うと、土地って値下がりしないんです。建物の部分は10年20年経つと、どんどん価値が償却されていくんですけど。

田形:ふむふむ。そうしたらマンションは価値が下がりやすいってことですか?「マンションの価値はなかなか目減りしない」と聞いたことがあるのですが……。

清水:それは“何と比べて”目減りしないのか、をまず明らかにする必要がありますね。最近「マンションの価値は下がりづらい」って言われている理由の一つのは、土地の価格が上がっているからです。じゃあなぜ戸建ては上がらないのかって話になりますよね?先ほど言ったように、土地の比率で言えば戸建ての方が高いのに。

田形:はい、違和感がありますね。

清水:本来なら土地の占めるウェイトがほとんどないマンションの方が価値は下がりやすいはずなんです。じゃあなぜそうならないのか。これは、建物価格が世界的に高騰しているからなんですよね。コンクリートなどの建築資材の価格は大きく変わっていないのですが、作り手の高齢化が進み労働人口が減り、建築現場の人件費も高くなってきている。

マンションは建物の比率が高い分、建設コストが大きくかかるので、これが価値を押し上げているんです。さらに,マンションは都市の中心にある。都市の中心の土地価格は高騰していて,そこに建築のコストも上がっていて、それらが経年減価分を吸収し、中古マンションの価格が目減りがしにくくなっているんですね。

千葉:なるほど。それで中古マンションの価値が下がりにくくなっていると。

清水:さらに経年減価について言うと三つの側面があって、一つ目が 物理的な経年減価。時間が経てば壁は汚くなるし、コンクリートや鉄の強度も下がって来ると一般的に理解されている。そして二つ目が経済的陳腐化。新しい性能のものがどんどん生まれてくると、旧来の性能のものは価値が相対的に下がっていきますよね。最後に三つ目は寿命。30年経って「取り壊します」となったら、価値はそこでゼロになってしまいます。

千葉:なるほど、、そうですよね。

清水:これをマンションに当てはめて考えてみると、取り壊して建て替えをしていくことの多い戸建てに比べてマンションは取り壊されることがほとんどなく寿命が長いため、取り壊しによる価値の減価はマンションの方が少なくなる。また、マンションの技術進歩はとても早い。それに伴ってマンションのリノベーションの技術も上がってきているんですよね。対して戸建てはそこまで技術の進歩が早くなくて、リノベーションの技術もマンションほどは進んでいない。

つまり中古マンションは、新しい技術を導入するリノベーションによって、経済的陳腐化を抑えることができているのに加え、管理技術の向上によって寿命をさらに伸ばすこともできるようになっているんです。

千葉:「マンションを買われる時に自分のおうち部分だけじゃなくて、マンション全体の共用部分、そしてそれがどう維持管理してきたのかっていうことをしっかり見ていただきたい」ということを、以前の齊藤先生のインタビューでもおっしゃっていました。清水先生のお話 に当てはめると、さらに納得できますね。

田形:リノベーションを推進していくことは、「経済陳腐化」の面でマンションの価値を下げないことにもつながる、と。中古マンションの価値が下がりにくい と言われている理由がすごくよくわかりました!

 つづきはリノベる公式noteでチェック!

いかがでしたでしょうか?つづきが気になる方が多いのでは?

このつづきは、リノベる公式note『リノベを科学する』を是非チェック!▼▼

note.renoveru.co.jp/n/ncc4fc4a5774b