リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2020.12.01

【リノベーション用語】不燃材料とは?

不燃材料とは?

“不燃材料は、加熱開始後20分まで建築基準法で示された防火材料の条件を満たすことができる材のことを指します。建設省告示第1400号により下記の材が不燃材料に指定されています。
1.コンクリート
2.れんが
3.瓦
4.陶磁器質タイル
5.繊維強化セメント板
6.厚さが3mm以上のガラス繊維混入セメント板
7.厚さが5mm以上の繊維混入ケイ酸カルシウム板
8.鉄鋼
9.アルミニウム
10.金属板
11.ガラス
12.モルタル
13.しっくい
14.石
15.厚さが12mm以上のせっこうボード
(ボード用紙原紙の厚さ0.6mm以下の物に限る)
16.ロックウール
17.グラスウール板
【平12建告1400】

 

▼不燃材料が関連する記事はこちら

防火材で最も高性能なのが「不燃材料」です。
【不燃材料とは?】
加熱開始後20分間、①燃焼しない ②防火上有害な変形、溶融、き裂その他の損傷が生じない ③避難経路有害な煙又はガスを発生しない と言う条件を満たした材料

続きはこちら → → 防火材とは?〜『内装制限』応用編〜