リノベ業界の新着情報配信中

 
閉じる
  • facebook
  • twitter
2020.12.01

【リノベーション用語】住宅用火災警報器とは?

住宅用火災警報器とは?

住宅用火災警報器は、主に一般住宅に設置され、火災の際、煙や熱を感知して音声やブザー音で警報する警報器のことを指します。役割も動作原理も基本的に自動火災報知設備と同じですが、住宅用火災警報器は感知器そのものが音声やブザー音を発し、単体で動作できます。略称で「住警器(じゅうけいき)」とも呼ばれます。

 

▼住宅用火災警報器が関連する記事はこちら

設計をすると、仕上げや照明など意匠的なところに目がいきがちですが、忘れてはいけないのがお部屋の警笛部隊、住警器こと、「住宅用火災警報器」。住宅火災の避難を促進するために居室への設置が義務化されています。

続きはこちら → → 【法令】知っていますか?住宅用火災警報器の設置基準